テザリングでパソコンを接続する方法は?どの接続方法がおすすめ?

IT

2023/02/11

3種類あるテザリングの接続方法で最も通信速度が出やすいのは?

47_tethering

テザリングでPCを接続する方法は?どの接続方法がおすすめ?

テザリングでPCを接続する方法は?どの接続方法がおすすめ?


スマホ一つでインターネット環境が構築できる便利な機能が、テザリングです。
テザリングの接続方法には3つの種類があり、また、つなぐデバイス(外部機器)によってもやり方が異なります。

そこで本記事では、テザリングの基礎からまず解説し、テザリングでPCを接続する方法を、iPhone・Androidとデバイス別に解説をしていきます。

そして最後には、テザリングの注意点や、テザリングにおすすめの通信キャリアもご紹介します。

テザリングとは何?

テザリングは、英語で「つなぐ」「連結する」といった意味です。
スマホをモバイルルーターのように使って、PCやゲーム機などの外部機器をインターネット接続できる機能です。

電波が通じるスマホさえあれば、基本的にいつでもどこでもインターネット環境を構築できます。

テザリングは、出張が多いビジネスパーソンはもちろん、外出時の暇つぶしなどにインターネットを使いたい人にもおすすめの機能です。

テザリングの接続方法は3種類

テザリングの接続方法は3種類


何かと便利なテザリングですが、テザリングにはWi-Fi接続・Bluetooth接続・USB接続の3つの接続方法があります。

以下では、それぞれのメリット・デメリットを簡単にお伝えしていきます。

Wi-Fi接続のメリット・デメリット

Wi-Fiを使ってスマホと外部機器を無線で接続する方法が、Wi-Fi接続です。
Wi-Fi接続のメリットは、通信速度が比較的速く、複数台の外部機器を同時に接続できることです。

一方、Wi-Fi接続のデメリットは、スマホのバッテリー消耗が激しく、USB接続に比べてセキュリティ面は少し劣ります。

Bluetooth接続のメリット・デメリット

Bluetoothを使ってスマホと外部機器を無線で接続する方法が、Bluetooth接続です。
Bluetooth接続のメリットは、Wi-Fi接続に比べてスマホのバッテリー消耗が少ないことや、接続に有線ケーブルが不要なことです。

一方、Bluetooth接続のデメリットは、通信速度が他の接続方法よりも遅く、USB接続に比べてセキュリティ面も少し劣ります。

USB接続のメリット・デメリット

USB接続は、USBケーブルを利用してスマホと外部機器を有線で接続する方法です。
USB接続のメリットは、他の接続方法と比較して通信速度が速く安定し、スマホを充電しながらテザリングもできるところです。

また、有線接続のため、無線接続に比べてセキュリティ面にも強いという特徴があります。

一方、USB接続のデメリットは、接続に有線ケーブルが常に必要なため手軽さに欠けることです。

Wi-Fi接続でPCをテザリングする方法

ここからは、PCをスマホでテザリングする方法を、接続方法およびデバイス別に分けて解説していきます。
まずはWi-Fi接続でPCをテザリングする方法をお伝えします。

iPhoneの場合

  • ①ホーム画面の「設定」から「インターネット共有」を開きます
  • ②「ほかの人の接続を許可」をONにします
  • ③任意設定したパスワードをPC側で入力し、インターネットに接続(テザリング中のスマホの端末名を選択します)

Androidの場合

  • ①ホーム画面の「設定」から「ネットワークとインターネット」を開きます
  • ②「アクセスポイントとテザリング」から「Wi-Fiアクセスポイント」をタップします
  • ③テザリングを「ON」にします
  • ④任意設定したパスワードをPC側で入力し、インターネットに接続(テザリング中のスマホの端末名を選択します)

Bluetooth接続でPCをテザリングする方法

次に、Bluetooth接続でPCをテザリングする方法をお伝えします。

先に説明しておくと、Bluetooth接続は少々複雑なので、できればWi-Fi接続を利用することをおすすめします。

iPhoneの場合

  • ①ホーム画面の「設定」から「インターネット共有」を開きます
  • ②「ほかの人の接続を許可」をONにします
  • ③「Wi-Fiはオフです」と画面に表示が出たら「BluetoothとUSBのみ」をタップします(※すでにBluetooth接続がONになっている場合は表示されません)
  • ④PC上で自分のスマホ端末に接続します
  • ⑤スマホに表示される「PIN番号」をPC側で入力します
  • ⑥PCのBluetooth設定画面で自分のスマホ端末を選択し、「右クリック」→「接続方法」→「アクセスポイント」を選択し、接続完了

Androidの場合

  • ①ホーム画面の「設定」から「Bluetooth」をONにします
  • ②「ネットワークとインターネット」から「アクセスポイントとテザリング」をタップします
  • ③「Bluetoothテザリング」をONにします
  • ④PCのBluetooth設定画面で自分のスマホ端末を選択し、「右クリック」→「接続方法」→「アクセスポイント」を選択し、接続完了

USB接続でPCをテザリングする方法

最後に、USB接続でパソコンをテザリングする方法をお伝えします。

iPhoneの場合

  • ①ホーム画面の「設定」から「インターネット共有」を開きます
  • ②「ほかの人の接続を許可」をONにします
  • ③「Wi-Fiはオフです」と画面に表示が出たら「BluetoothとUSBのみ」をタップします(※すでに接続がONになっている場合は表示されません)
  • ④LightningケーブルをPCに挿し、接続完了(※PCがWindowsの場合、PCにiTunesがダウンロードされている必要があります)

Androidの場合

  • ①ホーム画面の「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」と進みます
  • ②「USBテザリング」をタップします
  • ③AndroidのスマホとPCをUSB接続し、接続完了

テザリングの注意点

テザリングの注意点


では最後に、テザリングの使用における注意点を解説していきます。
テザリングはメリットだけではないことを理解しておきましょう。

接続方法によって長所・短所がある

上述したようにテザリングには3つの接続方法がありますが、それぞれに長所と短所があります。
それらの違いをしっかりと理解し、正しく使い分けることが大切です。

通信速度は基本的に遅い

テザリング時の通信速度は、基本的にスマホのデータ通信やWi-Fiの使用に比べて遅くなりがちです。
速い通信速度を必要とする場合には、テザリングはあまり適していません。

通信量(ギガ)を消費する

テザリングでは、通信量(ギガ)を消費します。
とくにPCを利用する場合、予期せず大量の通信量を消費してしまうケースがあります。

月々のスマホの通信容量を節約したい人は、テザリングの使用は最低限に控えた方がよいでしょう。

スマホのバッテリー消耗が激しい

テザリングを使うと、基本的にスマホのバッテリー消耗が激しくなります。
USB接続を活用すれば充電しながらのテザリングは可能ですが、それ以外の接続方法の場合は注意が必要です。

セキュリティ管理は必須

テザリングは任意でパスワードの設定をすることができます。
人から推測されやすい安易なパスワードを設定するのではなく、セキュリティの高いパスワードを設定するよう心がけましょう。
テザリングにおいても、セキュリティ管理は非常に重要です。

まとめ

本記事では、テザリングの基礎からまず解説し、テザリングでPCを接続する方法を、iPhone・Androidとデバイス別に解説をしました。
また、最後にお伝えしたテザリングの注意点も非常に重要なポイントです。

テザリングを最大限活用したいのであれば、通信品質の高いキャリアを選んでみてください。


3 おもしろいと思ったら
”いいね”しよう!

関連ワード

公式SNSでもおすすめのクイズを配信中!