SMS認証の使い方|本人確認の仕組みとメリット・デメリット

IT

2024/05/17

SMS認証コードが届かない原因は?

メッセージアプリを使う男性の手のアップ

正解は SMSの受信拒否設定の可能性が高い でした!

関連ワード

SMS認証の使い方|本人確認の仕組みとメリット・デメリット

アカウントのセキュリティ強化に役立っているのが、SMSによる本人確認。

スマホの電話番号は1台につき(正確にはSIM一つにつき)二つと同じ番号は存在しないので、本人確認をする手段としも最適です。

通販サイトやSNSなどにログインする際、ID・パスワードの入力に加えてSMS認証を導入しているサービスも数多くあります。

そんな、第三者による不正ログインを防ぐSMSの認証機能の使い方をまとめました。

SMS認証とは

携帯電話を使用している女性の手

まず、SMS認証の仕組みや導入されているサービスなどを解説します。

SMS認証のやり方と仕組み

SMS認証とは、スマホの電話番号宛てにSMSを送信してユーザーを識別し、本人であることを確認する仕組みのこと。

アカウント作成時に電話番号を登録すると、SMS認証が行えるようになり、届いた4~6桁のコードを入力することで、システムへのログインが可能になります。

SMS認証を導入しているサービス例

SMS認証はさまざまなサービスに導入されています。

例えば、金融機関にログインするときはほぼSMS認証が必須といえるでしょう。

サイトへ会員登録するときや個人情報の変更を行う際も、この認証方法が活用されています。

ログイン用のID・パスワードが漏れたとしても、本人確認を行わないとログインできないので、アカウントの不正利用を防ぐことが可能です。

SMS認証を利用するメリット・デメリットと注意点

スマートフォンを手にする女性

SMS認証を利用するメリットや注意点もチェックしておきましょう。

スマホのセキュリティを強化できる

SMS認証を利用する最大のメリットは、アカウントのセキュリティが強化されること。

不正ログインを防ぐことができれば、サイトに登録したクレジットカードで勝手に決済されるといった金銭トラブルに遭うこともなくなります。

SMS受信拒否していると届かない

迷惑メール対策としてSMSの受信拒否設定をしていると、認証コードが届かないことがあります。

SMS認証を活用する際は、受信設定を今一度見直しておくと安心です。

SMSを利用できない格安SIMがある

格安SIMの中には、電話番号を取得せず、データ通信のみ利用可能なプランがあります。

この場合はSMS機能が使えないので注意しましょう。

SMSの認証コードには有効期限がある

SMS認証を行うと確認コードが送られてきますが、この確認コードは認証を行うたびに変わり、サービスによって数分で期限が切れるよう設定されています。

確認コードが届いたらできるだけ早く認証を行いましょう。

SMS認証で確認コードが届かない原因と対処法

コーヒーショップの抽象的な背景でチャットアイコングラフィックを持つスマートフォンを使用する女性の手

SMSに確認コードを送信したはずなのに届かないときは、以下のような原因が考えられます。

対処法とともにチェックしていきましょう。

電波の状態が不安定

電波の状態が不安定になっているとSMSを受信できません。

スマホが機内モードになっていないか、電波は弱くないかなど、利用している環境を見直してみましょう。

電話番号を間違えている

スマホの電話番号を間違えて入力したことで、別の宛先に認証コードが送られている可能性も考えられます。

認証コードを送信する前に、番号を正しく入力できているか必ず確認しましょう。

SMSが使えないスマホを利用している

格安SIMの中には、SMSに対応していないプランもあります。

SMSは電話回線を利用してメッセージの送受信を行うサービスです。

電話番号を持たないスマホを使っている場合はSMS認証が行えません。この機会にプランの見直しを検討してみましょう。

SMSの受信拒否設定をしている

電話帳に登録されていない相手からのメッセージを受信拒否にしているなど、スマホ側の設定が原因でSMSが届かないケースことも。

通話の着信拒否を設定すると、同時にSMSも受信拒否となるので、設定内容を見返してください。

SMS送信センターで混雑・障害が起きている

SMSの送信システムが混雑していたり、一時的な障害が起きていたりすると、認証コードが届くまでに少し時間がかかることもあります。

この場合は、時間を置いて再送信してみましょう。

SMS認証できないときの原因と対処法

スマートフォン セキュリティ対策

SMSに届いた確認コードを入力したのに認証がうまくいかないときは、認証コードの入力ミスや有効期限切れといった原因が考えられます。

認証コードを間違えて入力している

送られてくる認証コードは、4~6桁の数字が一般的です。

この数字を間違えると認証を通過できないばかりか、数回間違えると認証コードの送り直しなどが必要になることもあります。慌てず、正確に入力するよう心掛けましょう。

認証コードの有効期限が切れている

認証コードには有効期限が設けられていて、サービスによっては数分で切れるものもあれば、24時間以内なら使用できる場合もあります。

有効期限を過ぎるとコードの再送信が必要になるのでご注意ください。

まとめ

SMS認証は、サイトにログインしようとしているのが本人であることを確認するために必要なもの。

アカウントの乗っ取りや不正利用などを防ぐのに役立っています。

SMSに確認コードが届かないときは、スマホの通信環境を見直したり、SMSの受信拒否設定を確認したりして、受信できるように設定してみましょう!



SMSについては下記の記事でも紹介しています。参考にどうぞ。




関連ワード

毎日午前10時以降にクイズをチェックしてスタンプを集めよう!

※午前10時~翌日9時59分までにOCNクイズを開くと本日分のスタンプが押されます

公式SNSでもおすすめのクイズを配信中!