「irumo(イルモ)」対応エリアや通信速度について解説!

IT

2023/10/12

5Gの通信速度は4Gの何倍?

000087_01

正解は 約20倍 でした!

関連ワード

<PR>/OCN クイズ



「irumo(イルモ)」対応エリアや通信速度について解説!

スマホが5G通信に切り替わると、ネットワークの速度がより快適に。

しかし5G通信は誰でも使えるわけではなく、対象機種の購入などが必要になります。

そこで、みんなが疑問に思うポイントをまとめつつ、5G通信を使うための条件を解説していきます。


[PR]MNP乗り換えするならirumoがおすすめ

irumoキャンペーン

電話がメインで、通信量も基本料金もかしこく抑えたい方に。irumoのキャンペーンをお見逃しなく

特典・適用条件詳細はHPへ


5Gの特徴・メリットを解説


000087_02


2020年よりサービスが始まった5G通信。

最近では5G対応スマホを利用する人が徐々に増えていますが、そのメリットとは何なのでしょうか。

3つのポイントを解説します。

高速・大容量通信

長時間の動画、高画質な写真のように大容量データの送受信は時間がかかります。

しかし、高速通信が可能な5Gならデータ通信の時間が短縮。

例えば、これまで2時間の動画をダウンロードするのに5分ほどかかっていたのが、5Gなら数秒で通信が完了。

動画や音楽再生が途中で止まってしまう心配がありません。

遅延が少ない

離れた場所でのコミュニケーションも遅延が少なく、より円滑に行えるようになりました。

例えば、格闘ゲームやシューティングゲームなど、リアルタイム性の高いオンラインゲームでの遅延を解消。

他にも、学習指導・物流・医療などの現場でも活躍が期待されています。

複数デバイスで同時接続

複数のデバイスを同時にネット接続できるようになると、生活にはこんなメリットも。

カーテンを開ける、電気をつける、帰宅時間に合わせてエアコンをコントロールしたり、お風呂を沸かしたりするのも全て自動。

家電をネットに接続して操作できる「IoT」がより現実的になり、便利な暮らしに一歩近づきます。

5Gは4Gと比べると通信速度は20倍、遅延は1/10、端末の同時接続数は10倍になったとされています。

スマホでもその快適さをぜひ体感してみましょう!

「irumo(イルモ)」で5G通信を利用する方法


000087_03


5G通信は誰でも利用できるものではなく、いくつかの条件があります。

5G対応機種を購入する

スマホで5G通信を利用するには、「5G対応機種」を購入する必要があります。

機種ごとに「4G」「5G」と通信環境の記載があるためチェックしてみましょう。

5G対応エリアを確認する

一部の地域では、5Gの利用可能エリアが限られている場合があります。

日々拡充している対応エリアは、ドコモの公式サイトでご確認ください。

3.0GB以上の料金プランにする

「irumo(イルモ)」で5Gを利用できるのは、データ通信量が3.0GB/6.0GB/9.0GBの料金プランを利用している人。

0.5GBプランの場合、5G対応端末を使用していたとして5G通信を利用できません。



※0.5GBプランの場合、通信速度が最大3Mbpsとなります。また、待ち受け画面では5Gの表示となることがございますが、5G通信は行っておりません。通信はエリアに関わらず4G(LTE)ネットワークでのご利用となります。
※ネットワークの混雑時に「eximo」「ahamo」等の他の料金プランよりも先に通信速度の制限(通信制御)を実施するため、通信速度が遅くなる場合(例えば動画視聴ではご利用の通信環境により画質が低下する場合)があります。

「irumo(イルモ)」5G対応機種


000087_04


5G通信がスタートしたのは2020年。それから5Gが普及するにつれて、さまざまなメーカーから対応機種が登場しています。

例えば、2023年9月現在ドコモが販売している5G対応機種は70以上。その一部を紹介しましょう。

5G対応機種(Android)

  • Galaxy Z Flip5(SC-54D)
  • Galaxy Z Fold5(SC-55D)
  • AQUOS wish3(SH-53D)
  • AQUOS R8(SH-52D)
  • Google Pixel Fold
  • AQUOS R8 pro(SH-51D)
  • Xperia 10 V(SO-52D)
  • Xperia 1 V(SO-51D)
  • Galaxy A54 5G(SC-53D)
  • Google Pixel 7a
  • Galaxy S23(SC-51D)
  • Galaxy S23 Ultra(SC-52D)
  • arrows N(F-51C)
  • AQUOS sense7(SH-53C)
  • Xperia 5 IV(SO-54C)
  • Xperia Ace III(SO-53C)

5G対応機種(iPhone)

  • iPhone 15
  • iPhone 15 Plus
  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone SE(第3世代)

毎年、続々登場する5G対応スマホ。

機能や価格などを比較しながら自分にピッタリな一台を探しましょう。


※0.5GBプランの場合、通信速度が最大3Mbpsとなります。また、待ち受け画面では5Gの表示となることがございますが、5G通信は行っておりません。通信はエリアに関わらず4G(LTE)ネットワークでのご利用となります。

「irumo(イルモ)」5Gがつながらない?設定方法・解決策


000087_05


5G対応スマホに買い替えたのに「5Gがつながらない」といったトラブルが起きることも。

インターネットに接続できない場合は、以下のポイントを確認しましょう。

5G通信はいつから利用できるのか

基本的に、「irumo(イルモ)」の3.0GB/6.0GB/9.0GBの料金プランを申し込み、5G対応端末にSIMをセットするだけで準備は完了。

追加オプションなどは不要ですから、すぐに5G通信が利用できるようになります。

周波数帯(バンド)が対応しているか確認する

スマホの対応周波数によっては、通信できなくなる場合があります。

「irumo(イルモ)」はドコモの回線を利用していますから、ドコモの5G周波数帯に対応していなくてはなりません。



▼「irumo(イルモ)」対応5G周波数帯

  • 3.7GHz[n78]
  • 4.5GHz[n79]
  • 28GHz[n257]

※ドコモ以外のAndroid 5G端末では、ドコモだけが運用する4.5GHz[n79]などの一部の5G周波数に対応できていない可能性があります。その場合、利用可能な5Gエリアが異なりますので、事前に端末が実装している周波数帯を十分に確認の上、契約ください。

APN設定を確認する

スマホでインターネットに接続するには、携帯会社ごとに提供しているAPN(アクセスポイントネーム)の設定が必要。

「irumo(イルモ)」のAPN設定は以下の通り。

設定項目 入力内容
名前 任意(irumo など)
APN spmode.ne.jp
認証タイプ 「未設定」あるいは「なし」
APNプロトコル IPv4/IPv6

まとめ

高速・大容量の通信が可能になる5G通信。

5Gを利用するには対象機種や対応エリア、設定方法などをご確認ください。



関連ワード

毎日午前10時以降にクイズをチェックしてスタンプを集めよう!

※午前10時~翌日9時59分までにOCNクイズを開くと本日分のスタンプが押されます

公式SNSでもおすすめのクイズを配信中!