アラームで起きられない?スマホの目覚ましが聞こえないときの対処法

IT

2024/06/13

iPhoneアラームのスヌーズは何分間隔で鳴る?

アラームで起きられない?スマホの目覚ましが聞こえないときの対処法

9分ごと が正解でした!

関連ワード

アラームで起きられない?スマホの目覚ましが聞こえないときの対処法

毎日決まった時間に起床するために、スマホのアラーム機能を使っている人も多いでしょう。

しかし、頭では起きなければいけないと分かっていても、「後5分だけ寝たい……」と二度寝をしてしまい、しっかり目覚められなかった経験はありませんか?

そこで、絶対寝坊できない日に実践したいオススメの使い方を紹介します!

アラームで起きられないときの工夫

アラームが鳴るスマホ

しっかり起きられない、アラーム音が聞こえないと悩んでいるなら、以下のポイントをチェック。

スマホのアラーム設定などを見直してみましょう。

アラームの音量を上げる

まず注目したいのは、アラームの音量設定。音が小さ過ぎて聞こえないことも考えられるので、事前にボリュームをチェックしておくといいでしょう。

Androidの場合は、「時計」アプリの設定で音量や音楽の長さを調整できます。

iPhoneの場合は、「設定」アプリ内の「サウンドと触覚」をタップして、「着信音と通知音の音量」の下にあるスライダをドラッグして音量を調節しましょう。



▼Androidの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面右上の「…」メニューをタップ
  3. 「アラームの音量」のスライダを調節する


このとき、スライダを左端のミュート状態にすると、マナーモード(バイブレーション)時にアラーム音が鳴らないのでご注意ください。



▼iPhoneの操作



  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「サウンドと触覚」をタップ
  3. 「着信音と通知音の音量」の下にあるスライダをドラッグ
  4. 「ボタンで変更」をオンにする


バイブレーションをオンにする

音楽だけだと起きられないときは、バイブレーション設定をオンにするのも効果的。

Android・iPhoneともに、アラームの作成画面で設定を変えられます。



▼Androidの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面下部の「アラーム」タブをタップ
  3. 「+」をタップして新しいアラームを作成する、または作成済みのアラームを選択
  4. アラームの設定画面で「バイブレーション」をタップしてオンにする


▼iPhoneの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面下部の「アラーム」タブをタップ
  3. 「+」をタップして新しいアラームを作成する、または「編集」をタップして作成済みのアラームを選択
  4. 「サウンド」をタップ
  5. 「バイブレーション」をタップ
  6. 好きな振動パターンを選択する


スヌーズ機能を使う

アラームに備わっているスヌーズとは、居眠りやうたた寝を意味する言葉で、等間隔にアラーム音を鳴らしてうたた寝を防いでくれる機能のこと。

Androidは1分から30分まで、1分単位でスヌーズの長さが指定できますが、iPhoneは9分で固定されています。



▼Androidの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面右上の「…」メニューをタップ
  3. 「設定」をタップ
  4. 「スヌーズの長さ」をタップして好きな時間を選択


▼iPhoneの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面下部の「アラーム」タブをタップ
  3. 「+」をタップして新しいアラームを作成する、または「編集」をタップして作成済みのアラームを選択後、「変更」をタップ
  4. 「アラームオプション」をタップする
  5. 「スヌーズ」をオンにする


アラームを複数セットする

一度のアラームで目覚められない人は、複数のアラームをセットするのもオススメ。

特にiPhoneの場合は、スヌーズが9分間隔と決まっているので、もう少し短い間隔でアラームをセットしたい場合は複数作成しておくといいでしょう。

ベッドから離れた場所にアラームを置く

枕元にスマホを置いていると、目覚ましが鳴った際に無意識のうちにアラームを止めてしまう可能性も。

ベッドから少し離れた場所にスマホを置いておけば、アラームを止めるために体を動かさなければならず、嫌でも起きることができるはず!

音楽を変えてみる

スマホにあらかじめインストールされているアラーム音は単調な曲がほとんど。

アップテンポな楽曲に変更するなど、心地よく起きられる工夫をするのもいいでしょう。

Androidは「Spotify」や「YouTube Music」で配信されている楽曲をアラーム音に設定することができ、iPhoneなら「Apple Music」の楽曲をダウンロードすると、アラーム音として使えるようになります。

アラーム音の変え方は以下の通りです。



▼Androidの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面下部の「アラーム」タブをタップ
  3. 「+」をタップして新しいアラームを作成する、または作成済みのアラームを選択
  4. アラーム音のアイコンをタップ
  5. 「新しく追加」または「YouTube Music」「Spotify」をタップ
  6. 設定したい曲を選択する


▼iPhoneの操作



  1. 「時計」アプリを開く
  2. 画面下部の「アラーム」タブをタップ
  3. 「+」をタップして新しいアラームを作成する、または「編集」をタップして作成済みのアラームを選択
  4. 「サウンド」をタップ
  5. 「曲を選択」をタップ
  6. Apple Musicのライブラリから曲を選択する
  7. 画面右上の「保存」をタップ


アラームが鳴らない・聞こえないときに確認すべき設定

女性 寝坊 パジャマ ベッド 寝起き スマホ

アラームが鳴らないときは、「時計」アプリの設定内容などを見直しましょう。

アラーム設定がオンになっているか確認

アラームを作成しても、設定をオンにしないとアラーム音は鳴りません。

まずは「時計」アプリを開いて、アラームがオンになっているか確認しましょう。

アラームの時間や曜日が間違っていないか確認

アラームがオンになっているのに音楽が鳴らない場合は、設定した時間や曜日に間違いがないか見てみましょう。

曜日を選択できていなかったり、サウンドを選択していなかったりすることが原因で、アラームが鳴らないケースがあります。

マナーモードがオンになっていないか確認

iPhoneはマナーモードがオンの状態でもアラーム音は鳴ります。

しかしAndroidは、「時計」アプリの設定で「アラームの音量」スライダを左端のオフ以外にしておかないとマナーモード中は音が鳴りません。

これは会議中や車内で時間を知らせる際は便利ですが、目覚ましとしては致命的なのでご注意を!

イヤホンを接続していないか確認

機種によっては、スマホにイヤホンを接続すると、アラーム音が本体のスピーカーからではなく、イヤホンから流れるようになっています。

こうなると当然、アラーム音が聞こえづらい状態に。

このタイプのスマホを使用しているときは、就寝前に必ずイヤホンとスマホの接続を切るようにしましょう。

まとめ

スマホのアラームで起きられないのは設定に原因があるのかもしれません。

音量調節やスヌーズの使用、アラーム音の変更など、いろいろな方法を試してスッキリ目覚めたいですね!



スマホのアラームについては下記の記事でも紹介しています。参考にどうぞ。



0 おもしろいと思ったら
”いいね”しよう!

関連ワード

公式SNSでもおすすめのクイズを配信中!