本文へジャンプ

2010年3月18日

「テレビ視聴の実態」調査結果発表!高年齢層は情報源、低年齢層は娯楽の傾向

「OCNブリエ」では、OCNブリエ読者の「テレビ視聴の実態に関するアンケート」を実施しました。
(調査期間:2010年1月25日〜1月27日)
今回は23,998件の回答をいただきました。この場をお借りしてお礼申しあげます。

皆さまからいただいた回答を集計し、テレビの視聴スタイルや、よく観るテレビのジャンル、地デジの対応状況などをまとめてアンケート結果として公開しました。

アンケート結果(一部)

全世代で最も高い割合のテレビ視聴スタイルは「観たい番組をあらかじめチェックし、その時間帯にテレビを観る」(39.1%)でした。続いて「普段からなんとなくテレビをつけている。テレビは付けたまま過ごしている。」(31.7%)でした。
年齢別で見ると、50歳代(39.6%)・60歳代(55%)・70歳代以上(67.5%)では、「観たい番組をあらかじめチェックし、その時間帯にテレビを観る」という視聴スタイルの割合が最も高くなりました。
一方、20歳代以下(38%)・30歳代(37.3%)・40歳代(34.1%)では、「普段からなんとなくテレビをつけている。テレビはつけたまま過ごしている」という視聴スタイルが多いという結果になりました。

突然空いた時間の過ごし方ランキングを公開

予定していた用事が、直前になって突然キャンセルになったり、諸事情でスケジュールが変わったりすることがありますが、今回はブリエ読者の方々に「“突然空いた時間”の過ごし方」をお聞きし、ランキングを公開しました。

突如、スケジュールが変更に!「空いた時間の過ごし方」ランキング
 3位:読書
 2位:テレビを観る

気になる1位は、アンケート結果ページをご覧ください。

OCNブリエとは?

「briller(ブリエ)」とは、フランス語で「輝く」という意味の言葉です。
アクティブでライフスタイルにこだわりを持つ大人の世代「ブリエ世代」に向けて、「学ぶ」「こだわる」「年齢を武器に」をテーマに、より一層いきいきと輝くセカンドライフを過ごすヒントやお役立ち情報をお届けします。
OCNブリエでは、「アンケート結果〜ブリエ白書〜」というコーナーで、世代、性別など、さまざまな角度から分析したレポート、「好きな事」「懐かしい事」から「やってみたい事」などのランキングをご紹介しております。