本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

WEPキー - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:ウェップキー
  • 英文字表記:Wired Equivalent Privacy Key

WEPキーとは、無線LANにおいてデータ通信を安全に行うための暗号化に用いる鍵のこと。


WEPとは、Wired Equivalent Privacy Keyの略語で、無線LANにおいて、データを暗号化する方式のひとつです。有線通信に比べ、無線による通信は第三者から傍受されやすいことから、セキュリティを考慮してデータを伝送する際に暗号化を行います。

暗号化とは、暗号鍵を用いて、情報を第三者が見てもすぐには意味のわからない暗号文に変換することですが、WEPキーとは、WEP暗号方式で暗号化に用いられる鍵のことをいいます。アクセスポイントとパソコン側に共通のWEPキーを登録し、それをもとに生成した暗号鍵で通信データを暗号化します。この暗号化を解くには、復号するための復号鍵が必要となります。

WEPは、米国電気電子学会IEEEが定めた無線LANの規格のひとつ「IEEE 802.11b」のセキュリティシステムとして採用されている一方で、その脆弱性も指摘されているため、WEPを改良した新たな暗号化方式WPA (Wi-Fi Protected Access)が開発され、一部の無線LAN機器で採用されています。WPAは、ユーザ認証を備えたり、暗号鍵を一定時間ごとに自動更新することにより、安全性を強化しています。

「WEPキー」に関連するサービス・用語


「WEPキー」と関連するサービス