本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > タ行 > デジタル著作権管理


デジタル著作権管理 - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:デジタルチョサクケンカンリ
  • 英文字表記: 

デジタル著作権管理とは、デジタルデータの著作権を保護し、複製や利用を制御する技術の総称のこと。


デジタル著作権管理とは、デジタルデータの著作権を保護し、複製や利用を制御する技術の総称のことです。DRM(Digital Rights Management)ともいいます。

デジタルデータは0と1の電子情報の集合体のため、複製が容易で劣化もなく、ネットワークに接続すればどんな地域にも送ることができます。そのため、音楽や映像、文芸といったデジタルデータで表現可能な創作物も、著作者の許可を得ない違法な複製や送受信が可能となってしまいます。

このような問題を技術的に解決しようとするのがデジタル著作権管理です。代表的なのは、デジタル放送で配信される映像のコピーを規制するCCI(Copy Control Information=コピー制御情報)で、DVDなどへのコピーをまったく認めないコピーネバー、1度だけ認めるコピーワンス、などが実用化されていますが、現在では、コピーに失敗したというような場合に配慮し、10回までコピーを認めるダビング10が導入されています。

また、デジタル著作権管理技術による暗号化などの保護がかけられていない音声ファイルなどのコンテンツのことはDRMフリーといっています。

このほか、音楽CDのコピーを制御するCCCD(コピーコントロールCD)、映像DVDのコピーを制御する「マクロビジョン」「CSS」なども、デジタル著作権管理の一種です。

一方、パソコンなどのソフトウェアなどの不正複製防止策としては、ネットワークプロテクトという技術が使われています。

ネットワークプロテクトは、特定のソフトウェアについて、ネットワーク内で起動されている数を検証し、購入されているライセンス数を超えていないかどうかチェックする仕組みです。オフィスや学校など、複数のPCで同じソフトウェアを用意しなければならない場合、正規に購入したライセンス(使用権や実施権)を不正に複製してコストダウンを図るユーザがいるため、それを防止するために生まれました。

従来はシリアルナンバーやCD-ROMでの不正複製防止策が一般的でしたが、最近ではインターネットへの常時接続が普及したこともあり、この方式による監視方法が一般的になりつつあるようです。

近年、著作権侵害に対する権利者の対応は厳しさを増しています。会社や学校などの組織内でのコピーや、知人、友人間での貸し借りに伴うコピーについても、著作権侵害にあたるケースがありますので、十分な注意が必要です。

「デジタル著作権管理」に関連するサービス・用語


「デジタル著作権管理」と関連するサービス