本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

タグ - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:タグ
  • 英文字表記:tag

タグとは、「本文」と「周辺情報」が区別された文書において、「周辺情報」につける印のこと。


ホームページを見ると、ときおり文字が大きくなっていたり、赤文字で強調されていることがあります。人間の目には1枚のホームページに見えますが、もとになるHTML文書では、「本文」と、文字の色や大小といった「周辺情報」が区別して記述されているのです。この周辺情報を記述するときに用いられる特殊な文字列をタグといいます。ホームページのリンクもタグを用いて指定します。

本来、「荷札」「付箋」といった意味を持つタグは、コンピュータにとってわかりやすい印であり、タグを付けて表記されたテキストには、「(このテキストは)小さく」、「(このテキストは)ここにリンクする」というような何らかの意味付けがされていると考えると、わかりやすいかもしれません。

タグの表記ルールにはいくつかの種類がありますが、Webページなどの記述に使われるHTMLタグやXMLタグが一般によく知られています。これらは、基本となる本文に、記号 < > で囲んだタグを埋め込むことで、書式や文字飾り、画像や他文書へのリンク等、本文以外の情報を付加することができます。実際にWebページとなって表示されたときには本文だけが表示され、情報を書き加えたタグの文字列が表示されることはありません。

HTMLタグの具体的な記述の一例ですが、<font>タグで囲んだ部分では文字の色や大きさを指定します。<b>は文字を太字にすること、<br>は改行という情報を表しています。例えば、htmlタグで<center>こんにちは!</center>と記述した場合、Webブラウザでは「こんにちは!」というテキストだけが中央に表示されます。

また近年では、タグはブログの記事やブックマーク、動画などを分類して表示する際にも広く用いられています。例えば、ブログの記事を投稿する際に筆者が「グルメ」「恵比寿」などのタグを付ければ、読者がそのタグをクリックするだけで、同じタグが付けられた記事同士が一覧表示されるようになります。

ある記事をフォルダを使って階層的に分類する場合は、その文書を「グルメ」に分類するか「恵比寿」に分類するか、最初に指定しなければなりませんが、タグを使えば、ある記事を「グルメ」と「恵比寿」の両方のカテゴリーに分類させることが簡単にできるのです。

タグは一人で用いるよりも複数で用いたほうがより効果的です。ブックマークや動画を共有サイトに登録する際も同じで、タグを付けることにより情報が分類整理され、見つけやすく、また共有しやすくなるのです。タグは情報の切り口ともいえるので、タグで分類された記事の中から、思いがけない記事が見つかることもあります。

「タグ」に関連するサービス・用語


「タグ」と関連するサービス