本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > サ行 > 青少年ネット規制法


青少年ネット規制法 - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:セイショウネンネットキセイホウ
  • 英文字表記: 

青少年ネット規制法とは、青少年にとって有害な情報が数多く流通しているインターネットの状況に対し、対策を取るためにできた法律のこと。


青少年ネット規制法とは、インターネット上に青少年にとって有害な情報が数多く流通している状況を重く見て、対策を取るためにできた法律のことです。2008年6月に成立し、1年以内に施行されます。正式名称は「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」です。

青少年ネット規制法では、具体的な対策として、青少年(18歳未満)が利用する携帯電話に有害情報フィルタを提供することを各キャリアに対し義務付けた他、保護者が青少年のインターネット利用状況を把握し、適切な利用を指導する努力をすることなどを規定しています。

ただし、日本新聞協会が、「国が有害情報の定義と規制を行うことは好ましくなく、有害情報の規制は民間に任せるべき」などとして成立段階から懸念を示していたこともあり、施行後の展開が注目されます。

「青少年ネット規制法」に関連するサービス・用語


「青少年ネット規制法」と関連するサービス