本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > サ行 > 災害用伝言板サービス


災害用伝言板サービス - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:サイガイヨウデンゴンバンサービス
  • 英文字表記: 

災害用伝言板サービスとは、大規模災害発生時に自分の安否情報を登録することで、知人や家族に安否を知らせることのできる携帯電話各社が提供しているサービスのこと。


災害用伝言板サービスとは、日本国内での大規模災害発生時に自分の安否情報を登録することで、知人や家族に安否を知らせることのできるサービスで、携帯電話各社が提供しています。

大規模な災害などがあった場合、被災地周辺で通信設備が使えなくなったり、全国から被災地への通信が殺到してつながりにくくなったりして、遠方に住む身内や友人の安否はすぐには確認できないことが多くなります。

そのような場合に、被災者は、携帯インターネットなどで災害用伝言板サービスにアクセスし、「無事」「被害あり」などと登録し、短いメッセージを残しておきます。それに対し、家族や知人が災害用伝言板サービスにアクセスし、調べたい人の携帯電話番号を入力すると、被災者が登録したメッセージを閲覧することができるという仕組みです。

災害用伝言板サービスは、原則として震度6以上の大型地震や猛烈な台風、集中豪雨などの際に利用可能となります。また、正月や防災週間に体験利用期間も設けられるので、災害があったときすぐに使えるよう、あらかじめ使い方をマスターしておくことが大切です。

また、NTTでは、安否等の情報を音声により伝達することのできる「災害用伝言ダイヤル」のサービスも提供しています。

「災害用伝言板サービス」に関連するサービス・用語


「災害用伝言板サービス」と関連するサービス

「災害用伝言板サービス」と関連する用語