本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > カ行 > 個人情報保護法


個人情報保護法 - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:コジンジョウホウホゴホウ
  • 英文字表記: 

個人情報保護法とは、2005年5月に施行された個人情報の取り扱いに関する法律のこと。


個人情報保護法とは、2005年5月に施行された個人情報の取り扱いに関する法律のことです。昨今の情報の電子化により、企業や行政機関が保有する情報の閲覧や複製が容易となりました。2002年には住民基本台帳ネットワークが稼動したほか、民間企業の個人情報漏洩事件も多発しており、プライバシーが侵害される不安が増していました。

そこで、個人情報をデータベースとして保持している事業者は、これらを適切に取り扱わなければならず、規定に違反した場合には罰則を科す法律が施行されました。これが個人情報保護法です。

5000件以上の個人情報を持つ事業者は、個人情報の利用方法を事前に周知せねばなりません。また、第三者に漏らした場合などには刑事罰が科されることになります。

また、この個人情報保護法に関連して、第三者機関である財団法人日本情報処理開発協会が「プライバシーマーク制度」を運用しています。これは、この個人情報保護法よりさらに厳格な要件を定めた個人情報ガイドラインである「JIS Q 15001」に適合した個人情報管理体制を採っている企業に、認定印(プライバシーマーク)を付与するもので、取得企業はウェブサイトなどにこの印を表記することができます。

「個人情報保護法」に関連するサービス・用語


「個人情報保護法」と関連するサービス

「個人情報保護法」と関連する用語