本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

LTE - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:エルティーイー
  • 英文字表記:Long Term Evolution

LTEとは、Long Term Evolution(長期的な進化)の略語で、日本では2010年12月にNTTドコモが「Xi(クロッシィ)」(「ドコモ LTE Xi」)としてサービスを開始した、次世代高速携帯通信規格のこと。


LTEとは、高速携帯電話通信規格のひとつで、第3世代携帯の通信規格(3G)をさらに高速化させたものです。3Gと同じ周波数帯を使用しながら第4世代携帯電話(4G)にほぼ近い技術を実現することから「3.9G」とも呼ばれています。いわゆる「4G」とは異なる技術ですが、2010年12月6日に国際電気通信連合はLTEを4Gと呼称することを認可しています。

LTEは、複数のアンテナを利用することで高速化を実現し、受信時100Mbps以上、送信時50Mbps以上の高速通信を目指すもので、標準化団体である3GPPにおいて仕様が策定され、世界のほぼすべての通信事業者が採用、または採用を予定している国際的な次世代通信規格です。

国内では、NTTドコモが2010年12月に「Xi(クロッシィ)」(「ドコモ LTE Xi」)としてサービスを開始しました。

LTEの通信サービスは、パケット通信のみをサポートするため、音声通話もデジタルデータに変換されます。3Gと同じ周波数帯を使用しますが、3Gと比較すると通信速度が速く、回線も混雑しにくくなっています。これにより携帯電話で高精細映像をいくつも同時に受信したり、音楽ファイルであれば1曲を約0.1秒でダウンロードすることができるようになるなど、これまでとは比較にならないほどの携帯通信の快適化を実現しています。

「LTE」に関連するサービス・用語