本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

Java - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:ジャバ
  • 英文字表記:Java

Javaとは、機種やOSを選ばずにプログラムを作成、実行することができるオブジェクト指向のプログラム言語のこと。


Java(ジャバ)は、"Write Once, Run Anywhere"「一度作ったら、どんな種類のコンピュータ上でも動く」という目標の下に、サン・マイクロシステムズ社が発表したプログラム言語です。当初、Javaは基盤の異なる多種多様な家電製品のソフトウェア作成のために開発されましたが、機種やOSを選ばずにプログラムを作成、実行することができるということや、ネットワークやセキュリティに強いという特徴を持つことから、24時間365日、止まらないことを要求される基幹業務や金融系システムなど幅広い分野で使われ、爆発的に普及しました。さらに、Javaはネットワークや画像などを扱うクラスライブラリが充実しており、プログラミングの手間が楽という特徴もあり、現在では企業の基幹業務だけでなく、インターネット上のシステムの開発、i-modeのiアプリまで、さまざまなところで使用されています。

Javaの登場以前には、Webで動きのある動作をさせるにはCGIなど外部のプログラムを呼び出して使うか、クライアント側にあるヘルパー アプリケーションなどを利用するしかありませんでしたが、Javaの登場によりWebブラウザ上で直接プログラムが動かせるようになりました。このプログラムのことをJavaアプレット(Java Applet)といいます。

Javaアプレットは、サーバマシンに置かれますが、閲覧者からの要求が発生すると、サーバマシンからページを見ているクライアント マシンへとダウンロードされ、Webブラウザ上で実行がされます。

JavaアプレットがユーザのPCで動くクライアント側のJavaであるのに対して、サーバ側で動くJavaとしては、Servletサーブレット、JSP(Java Server Pageの略)などがあります。

なお、Webサイトを閲覧しているときにブラウザ側で実行されるJavaScriptはネットスケープ・コミュニケーションズによって開発されたまったく違う言語で、Javaとは直接の互換性もありません。

「Java」に関連するサービス・用語