本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > JKL > JIS X 8341-3


JIS X 8341-3 - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:ジスエックスハチサンヨンイチサン
  • 英文字表記:JIS X 8341-3

JIS X8341-3とは、JIS(日本工業規格)が示した使いやすいウェブコンテンツのあり方を示したガイドラインのこと。


JIS X8341-3とは、JIS(日本工業規格)が定めた、「高齢者・障害者および一時的に障害のある人がウェブコンテンツを利用できるようにするための指針(JIS-X8341)」の第3部「ウェブコンテンツ」で使いやすいウェブコンテンツのあり方を示したガイドラインのことです。JIS X8341-3は、2004年6月に制定されました。規格番号の「8341」は「やさしい」の語呂合わせです。

ウェブコンテンツは、多数の閲覧者に同じ情報を平等に低コストで発信できるという利点を持つ反面、パソコンや情報機器をある程度使いこなせる人にしか情報が行き届かないという欠点があります。その問題を解決すべく、高齢者や障害者を含むどんな人に対してもわかりやすく、使いやすいウェブコンテンツのあり方を示したガイドラインが、JIS X8341-3です。

このガイドラインの基本方針として、「可能な限り高齢者・障害者が操作又は利用できるように配慮する。」、「できるだけ多くの情報通信機器、表示装置の画面解像度及びサイズ、ウェブブラウザ及びバージョンで、操作又は利用できるように配慮する。」、「ウェブコンテンツの企画から運用に至るプロセスで情報アクセシビリティを常に確保する。」の3つのポイントが示されています。

国や自治体のウェブサイトは、すべてこのガイドラインにのっとって制作されるようになってきました。また民間企業や民間団体でも、このガイドラインを参考にしていることも多く、万人が利用できるウェブサイトを目指しています。

なお、JIS X8341全体としては、「情報通信機器分野のアクセシビリティガイドライン」として、ウェブコンテンツ以外のガイドラインも制定しており、2009年3月現在、以下の5つの規格が制定されています。最初に共通指針を設けていて、それぞれ内容の重複がないようになっています。

JIS X8341(2004年5月制定):共通指針

JIS X8341-2(2004年5月制定): 第2部:情報処理装置

JIS X8341-3(2004年6月制定):第3部:ウェブコンテンツ

JIS X8341-4(2005年10月制定):第4部:電気通信機器

JIS X8341-5(2006年1月)制定:第5部:事務機器

「JIS X 8341-3」に関連するサービス・用語


「JIS X 8341-3」と関連するサービス