本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > ハ行 > ファイル共有ソフト


ファイル共有ソフト - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:ファイルキョウユウソフト
  • 英文字表記:

ファイル共有ソフトは、インターネットを通じて、音楽や写真、映像、プログラムなどのファイルを複数のユーザで共有することを目的としたソフトウェアのこと。


ファイル共有ソフトは、インターネットを通じて、音楽や写真、映像、プログラムなどのファイルを複数のユーザで共有することを目的としたソフトウェアのことです。ファイル共有ソフトは、サーバを介さずパソコンとパソコンを直接繋ぐピア・ツー(トゥ)・ピア(P2P)という技術を使って作られています。通常、ネットワーク上でのデータのやりとりはサーバを介して行いますが、このファイル共有ソフトを使うことでサーバを介さず、自分と相手のパソコン同士で直接データのやりとりを行うことができます。それにより、ネットワークに負荷をかけることもなくなるので、サーバが停止するということも無くなります。

P2Pの技術自体は、情報流通の渋滞を防ぐために有効に用いられるケースもありますが、サーバを介さない通信はサーバを介する通信に比べて送受信者の特定が難しく、匿名性が高まることから、悪意ある利用者間の違法なファイル交換に使われるようになりました。 著名なファイル共有ソフトとしては、WINNY、WINMX、GNUTELLAといったソフトがありますが、著作権侵害された音楽や映画、市販のソフトウェアなどを違法に交換する者が多く問題視されています。また、共有しているファイルの中にはウイルスが仕掛けられたものもあり、ファイル共有ソフトを利用した結果、パソコン内にあるあらゆる情報が共有状態になってしまい、個人情報の流出や機密情報の漏洩につながるトラブルも頻発しています。

さらに一度流出した情報は、ファイル共有ソフトを介して複数のユーザ間に出回ってしまい、インターネット上から流出してしまったデータを回収したり、削除するのは困難なのが実情です。

たまには「タダより高いものはない」ということわざを思い出してみましょう。

「ファイル共有ソフト」に関連するサービス・用語


「ファイル共有ソフト」と関連するサービス

「ファイル共有ソフト」と関連する用語