本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

ESS-ID - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:イーエスエスアイディー
  • 英文字表記:Extended Service Set Identifier

ESS-IDとは、Extended Service Set Identifierの略語で、無線LAN通信において、ネットワーク同士の混信を避けるために設定されるIDのこと。


ESS-IDとはExtended Service Set Identifierの略語で、無線LAN通信において、ネットワーク同士の混信を避けるために設定されるIDのことです。ESS-IDは、無線LANの標準規格のひとつであるIEEE 802.11シリーズを使用して無線LAN通信を行う際に、複数あるネットワーク同士を識別し、混信を防ぐために設定される項目のひとつです。

ESS-IDは、識別を目的としてネットワークに付けられる名前のようなもので、ESS-IDを設定することにより、同じESS-IDを設定した親機(アクセスポイント)と端末機でしか通信ができないようになります。有線LANと異なり、複数の電波が飛び交い、混信が起こりがちな無線LANにおいて、固有のネットワークにのみアクセスするためのIDの役割を果たすのです。

ESS-IDは、端末同士がアクセスポイントを介して通信するインフラストラクチャモードにおいて使われる用語で、端末同士が直接通信するアドホックモードでは、BSS-IDと呼ばれます。

また、通信時には、第三者からの盗聴を防ぐため、無線LANにおける暗号化技術の一種であるWEPキーと組み合わせ、無線区間の暗号化をするのが一般的となっています。
なお、OCN ホットスポットのESS-ID、WEPキーは、ご契約のお客さま専用のホームページ(OCNマイページ)で確認することができます。

「ESS-ID」に関連するサービス・用語