本文へジャンプ

  • 光
  • ADSL
  • モバイル
  • ダイヤルアップ
  • 接続プラン一覧

OCN > インターネット用語辞典 > DEF > Dynamic DNS


Dynamic DNS - インターネット用語辞典 -

  • 読み方:ダイナミックディーエヌエス
  • 英文字表記:Dynamic DNS

Dynamic DNS とは、DNSデータベースを動的に更新する技術のこと。


Dynamic DNS とは、DNSデータベースを動的に更新する技術のことで、Dynamic Updates in the Domain Name Systemの略語です。DDNSと略されることもあります。

通常、ホームページを閲覧する際には、利用者はhttp://www.ocn.ne.jp/というようなURL(ホームページのアドレス)を入力します。しかし、住所と名前では電話がかけられないのと同じように、URLだけでは通信は出来ません。電話番号に相当する「IPアドレス」と呼ばれる32桁の数字が必要になります。

しかし、利用者は通常、あまり「IPアドレス」を意識することはありません。これは、サーバ同士が連携してドメイン名とIPアドレスを対応させる「DNS」と呼ばれるシステムがあるからです。

企業や団体などがホームページを公開する場合には、IPアドレスを固定的に取得しますが、費用がやや割高になるため、個人の利用者向けのインターネットサービスの場合は接続の都度IPアドレスを割り当てる「動的IPアドレス」方式が一般的です。

個人向けインターネット接続サービスの場合は、接続が切断されてしまうと、IPアドレスが変更されることがありますので、通常の方法ではホームページの公開に用いることは現実的ではありません。そこで、接続の度に割り当てられるIPアドレスとドメイン名の組み合わせをデータベース上で更新し、IPアドレスが変わっても同じドメイン名でホームページにアクセスが出来るようにするしくみが開発されました。これがDynamic DNSです。

Dynamic DNSの典型的な利用例としては、一般の個人ユーザが自宅のサーバを独自ドメインで公開するケースが挙げられます。なお、OCNではDynamic DNSの利用を推奨していないのでご注意ください。

「Dynamic DNS」に関連するサービス・用語


「Dynamic DNS」と関連するサービス