OCN ima10


ima10 トップ > 2011 spring > 01 これでいいのだ! 浅野忠信的“自由”への挑戦

01 これでいいのだ!浅野忠信的“自由”への挑戦

「大体においてダメな人の方が魅力的ですよね」-沢田

沢田
音楽のみならず本当にいろんなことをしていますね。4コマ漫画とか。絵を描くことはもともと?
浅野
大好きです。父が絵描きを目指していたらしく、僕の忠信という名前も、横尾忠則さんをすごく好きで、でも同じ名もナニかなということでこうしたらしい。だから絵を描くのが当たり前の環境だったんです。


浅野忠信浅野忠信 ●Tadanobu Asano
1973年生まれ。1990年『バタアシ金魚』で映画デビュー。以降、70本を超える映画に出演。2011年は、ハリウッドデビュー作品『マイティ・ソー(原題:Thor)』(7月日本公開)、『ステキな金縛り』(秋公開)、『月光ノ仮面』(年内公開)が控えている。

沢田
そう考えればファッションブランドを立ち上げたのも必然ですね。《JEAN DIADEM》。もう5年以上経ちます。
浅野
真面目な絵の勉強を全くしたことがないんですが、父が自由に絵を描くことの魅力を教えてくれたのでそれが楽しくて。そこにコンピューターで描く快感も加わって、最初はバンドのTシャツとかデザインしてたんですけど、もっと洋服作りたいなあと思うようになりました。
沢田
忙しいのによくできるなあとつくづく思うんですよ。だって劔岳登って、モンゴル走り回って、シェーやって(笑)。
浅野
ただ空いちゃう時にはすごく空くんです。例えば『劔岳 点の記』でも天気が悪いとか、待ちの時間何もすることがない時は頭の中にいろんなイメージを湧かせているんです。けっこう短期間で仕上げられる方なので、そんなイメージを具体化して洋服にぶつけるとか、曲を機械に打ち込むとかやったりしています。
沢田
でも役づくりしながらそういうことが更にできるのはすごいなあ。話は飛びますが、傾向的にダメ男の役が多いですね。
浅野
はい、近頃特に。
沢田
演ってて楽しいですか?
浅野
楽しいです。それこそ"やりたいこと"ですね。やっぱりダメな人っていうのは必要だと思うんです。「ダメっていうのは何がダメなの?」って僕も問いたいというか。僕自身、まともでいようとばかりしていた時期もあって、それは本当に疲れることだったし。みんな「まともになりなさい」とか言うじゃないですか。そりゃ立派だし素晴らしいと思う。でも「なんでそうならなきゃいけないの?」っていう疑問は常にある。立派だったりまともぶれたりするのはダメな人がいるからであって。
沢田
大体においてダメな人の方が魅力的ですよね。そもそもダメじゃない人なんていないと思うし。みんな何らかの点で。

沢田康彦
沢田康彦 ● Yasuhiko Sawada
1957年生まれ。書籍・雑誌編集者。
OCN無料動画番組「TalkingJapan」でMC担当、のべ150組を超すゲストにインタビュー。番組後記ブログも好評。
http://talkingjapan.blog.ocn.
ne.jp/

浅野
ダメを認めて背負ったほうがよっぽど楽になると思うんですよ。赤塚さんもそうだし、例えばジェームス・ブラウンとかもそうだと思うんですけど、奥さんと庭でケンカして拳銃撃っちゃう。はっきり言ってダメじゃないですか(笑)。カーチェイスして牢屋に入れられる、いけない薬に手を出すとか。でも彼が与えた自由たるや"ハンパない"と思うんですよ。彼が死んだ時雑誌に載っていた言葉に《俺はジェームス・ブラウンっていう自由をみんなにあげたんだ》というのがあって、スゲーな! って。確かにJBのおかげで俺の何かはすごい自由になったと思うし。それは赤塚さんにも言えますよね。ダメな所を見せてくれれば見せてくれるほど、こちらが自由を感じることができる不思議。
沢田
自分がダメになってまで人に何かを与えてくれる人。
浅野
最高ですね。ダメっぷりをどんどん観てもらって、子ども達に「君は君のままでいなさい」「これでいいのだ」って所をわかってほしいなと思う。「だってあのおじさんダメだけど、みんなから好きって言われてるじゃん」みたいな。
沢田
そこに表現するという行為、価値があるんですよね。
浅野
そこに自由があるって思いますね。
  1. 1
  2. 2
  3. 3

浅野忠信さんの素顔と魅力に迫る!

話題の映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』に主演した、浅野忠信さんに独占インタビュー。自身も赤塚さんの大ファンだという浅野さんに映画の見どころや撮影秘話などをたっぷり伺いました。

「TalkingJapan」特集はこちら

ページトップに戻る

浅野忠信さんの素顔と魅力に迫る!

話題の映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』に主演した、浅野忠信さんに独占インタビュー。自身も赤塚さんの大ファンだという浅野さんに映画の見どころや撮影秘話などをたっぷり伺いました。

第154回ゲスト 浅野忠信さん登場

第154回ゲスト 浅野忠信さん登場

第147回ゲスト 相武紗季さん

第147回ゲスト
相武紗季さん

第138回ゲスト ミムラさん

第138回ゲスト
ミムラさん

第137回ゲスト 水野美紀さん

第137回ゲスト
水野美紀さん

さらに

「TalkingJapan」では豪華ゲストの意外な素顔が楽しめる独占インタビューのバックナンバーもご覧いただけます。

  • 携帯電話やスマートフォンで、ダイジェスト版を観ることができます
    ※機種によってご利用いただけない場合がございます
  • 水野美紀さんとミムラさんの連載エッセイや最新のエンタメニュースも必見
QRコード
携帯電話からアクセス※機種によってご利用いただけない場合がございます。

「TalkingJapan」はこちら