OCN ima10


ima10 トップ > 2011 spring > 01 これでいいのだ! 浅野忠信的“自由”への挑戦

01 これでいいのだ!浅野忠信的“自由”への挑戦

「人に向けて何かするよりも、まず自分に向けて」-浅野

沢田
浅野さんとは初対面なんですが、スクリーンで何度もお目にかかっているので全く初めてという気がしません。「○○の浅野忠信さん」と言った時、その○○に入るものは人によって全然違うんだろうなあなんて思います。今回またその○○が増えました。『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』。タリラリラーンな映画でしたねっ。
浅野
でしたねえ(笑)。
沢田
ギャグ漫画、赤塚作品は好きだったんですか?
浅野
作品以前に、赤塚さん自身が好きだったんです。高校生の頃から気になっていた人で、僕のアトリエには先生のポスターを貼っていたんですよ。
沢田
へえ!
浅野
だからこの話をいただいてびっくりしました。自分のこんなに好きな人の役を演るっていうのも初めてで。
沢田
どういう所に惹かれていたのでしょう?
浅野
赤塚さんに自由なものを感じたんだと思うんです。僕も俳優やったりバンドやったりして表現する中で"自由"を求めてるんですね。それは誰かが決めてくれることじゃない、大人の人たちが教えてくれようとするのはありがたいんですけど、そうやって学ぶものではない。その自由について一番わかってくれるのは赤塚先生だったと思うんです。だから憧れ続けた。

主演映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』は2011年4月30日(土)公開予定。堀北真希、佐藤浩市ら実力派が共演する
主演映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』は2011年4月30日(土)公開予定。堀北真希、佐藤浩市ら実力派が共演する

沢田
なるほど。その自由を赤塚流に言うと"バカ"。
浅野
はい(笑)。
沢田
原作に《バカになるのが一番難しいことなんだよ》という赤塚語録もあります。
浅野
バカを演じるのもなかなかハードでしたね。
沢田
顔、ファーストシーンからそっくりでしたよ、先生に。
浅野
それはうれしいですねえ。
沢田
あと浅野さんの顔、バカボンのパパにもイヤミにも見えてきちゃいました。そこが天才俳優と呼ばれるゆえん。
浅野
いえいえ!
沢田
さて、本誌のメインテーマは「これからやりたいこと」なんですが今の野望は何ですか?
浅野
今ハマってることは、"ハモリ"でしょうか。

浅野忠信

沢田
音楽方面ですね! また非凡な答えです。バンド活動もされていますものね。
浅野
はい。歌はヘタクソなんですけどね。この間「こんな隙間があってこういう感じの音があって、だったらどんな歌い方がいいのかな?」とか考えてるうちに「コーラスかな?」って。でもこれユニゾンじゃなくてハモリかなって。そういや僕は、ハモリなんて考えたこともなかった。ずっとそれこそセックス・ピストルズみたいなパンクしかやったことなかったので。
沢田
確かに新しい課題かも。
浅野
毎日のようにCDに合わせて歌ったりとかしていますね。難しいんですよ。3度上とか言われても。感覚だけでいけるタイプでもないし。
沢田
でもなんで急に? 人との調和を考え出したとか?
浅野
ハハハ。むしろ逆に部屋にこもることが増えたんですね。小さい頃からあまり家で落ち着いているタイプじゃなかったんです。表で人と遊ぶのが好きで。でも最近は一人だけの時間も持つようになって。それがすごく豊かなものだったんです。
沢田
また一つの"自由"の発見かもしれないですね。
浅野
人に向けて何かするよりも、まず自分に向けて。その方が面白いってわかって。今更なんですけど(笑)。続けてきたバンドでこういうのをやりたいって考えていたらハモリの発想が出てきたんですよ。
  1. 1
  2. 2
  3. 3

浅野忠信さんの素顔と魅力に迫る!

話題の映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』に主演した、浅野忠信さんに独占インタビュー。自身も赤塚さんの大ファンだという浅野さんに映画の見どころや撮影秘話などをたっぷり伺いました。

「TalkingJapan」特集はこちら

ページトップに戻る

浅野忠信さんの素顔と魅力に迫る!

話題の映画『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』に主演した、浅野忠信さんに独占インタビュー。自身も赤塚さんの大ファンだという浅野さんに映画の見どころや撮影秘話などをたっぷり伺いました。

第154回ゲスト 浅野忠信さん登場

第154回ゲスト 浅野忠信さん登場

第147回ゲスト 相武紗季さん

第147回ゲスト
相武紗季さん

第138回ゲスト ミムラさん

第138回ゲスト
ミムラさん

第137回ゲスト 水野美紀さん

第137回ゲスト
水野美紀さん

さらに

「TalkingJapan」では豪華ゲストの意外な素顔が楽しめる独占インタビューのバックナンバーもご覧いただけます。

  • 携帯電話やスマートフォンで、ダイジェスト版を観ることができます
    ※機種によってご利用いただけない場合がございます
  • 水野美紀さんとミムラさんの連載エッセイや最新のエンタメニュースも必見
QRコード
携帯電話からアクセス※機種によってご利用いただけない場合がございます。

「TalkingJapan」はこちら

大事なものほど思い通りにいかないものです。

もっと自由にできたらと思うことは?
(調査機関:マクロミル)

  1. 1 お金
  2. 2 時間
  3. 3 趣味
  4. 4 仕事
  5. 5 健康