ウイルス・迷惑メール対策などセキュリティならOCN for business

OCNメールゲートウェイサービス

ウイルスチェックゲートウェイサービス 仕様・詳細

「ウイルスチェックゲートウェイサービス」は、お客さまが設置・運用されているメールサーバーでのメール送受信に対し、OCNがお客さまに代わりウイルス検出および駆除/送信ブロックを行うサービスです。
日々発生する新種のウイルス対応などには手間がかかりますが、本サービスでは迅速かつ24時間365日のサーバー運用監視によるウイルス対策を提供するので、常にウイルス対策環境を高いレベルで実現できます。
またOCN(ネットワーク)側での対応となるためお客さまサーバーやネットワークの負荷軽減にも繋がります。

OCN ウイルスチェックゲートウェイサービスの概要図

サービスの特長

煩雑なウイルス対策管理が不要
ウイルス定義ファイルの更新等、日々発生する新種ウイルス対応は手間がかかり、専門知識も必要となります。本サービスではお客さまに代わり24時間365日の運用体制を提供することで常に最新のウイルス対策環境を高いレベルで簡単に実現できます。
ウイルスを事前ガード(Active対策)
お客さま環境にウイルスが進入する前に検出・駆除等を行う(Active対策)ため、ウイルスが侵入してから駆除等を実施するクライアント側でのウイルスチェック(Passive対策)と比較し、安全性も高く、安心です。
トレンドマイクロ株式会社製ウイルスチェックソフトウェアを採用
サーバー用ウイルス対策ソフトウェアで高い実績を持つトレンドマイクロ株式会社製ウイルスチェックソフトウェアを採用することにより、電子メールの受信および送信に対して優れたウイルス検出および除去機能をご提供します。
ウイルスチェックソフトウェアのロゴ

機能

メール送受信時の動作

動作、制限項目 受信時 送信時
ソフトウェア トレンドマイクロ社を採用
対象メール注意1 インターネット(契約ドメイン以外)からOCNゲートウェイ経由の受信メール 外部(契約ドメイン以外)へのOCNゲートウェイ経由の送信メール
  制限 契約ドメイン名注意2宛てのメールのみ受信
  • 不正中継を防止するため、Fromが契約ドメイン注意2のメールアドレスからのみ送信許可
  • 契約のメールサーバ名のサーバからのメールのみ送信
メールサイズ 最大100MB/通 最大100MB/通
ウイルス発見時の動作 ウイルスを駆除して受信。駆除不可能な場合は、添付ファイル等を削除 送信をブロック
ウイルス発見後の対応 ウイルス検出・添付ファイル削除等の警告メールをメールサーバー管理者へ送信 送信者(契約者)へ警告メール送信
注意1
ご契約ドメインから/宛のメールが対象となります。ただし自社サーバ(ローカル)内の配送は、対象外となります。
注意2
サブドメインをご利用希望の場合、別途契約が必要となります。契約は、ドメイン(ホスト)単位となります。

ページトップへ戻る