法人向けインターネットはOCN。光(固定IP)からモバイルまでおまかせ

ホームページを改ざんするウイルスに関する注意喚起

最近、ホームページが改ざんされ、そのホームページを閲覧した人のパソコンがウイルスに感染する事象が多数報告されています。

改ざんされたホームページを閲覧すると、お客さまのパソコンがウイルスに感染する可能性があります。
ウイルスに感染すると、お客さまが個人でホームページを公開している場合、ホームページの情報を更新する際に必要なFTPアカウントとFTPパスワードが第三者に盗まれて、お客さまのホームページも改ざんされてしまう恐れがあります。

以下の「ウイルスの感染と特徴」をご確認の上、「対策」の実施をお願いします。

ウイルスの感染と特徴

Adobe Reader、Acrobat、Flash Playerなどの脆弱性を利用して感染します

今回報告されているウイルスは、お客さまのパソコンにインストールされている AdobeReader(アドビリーダー)やAcrobat(アクロバット)、FlashPlayer(フラッシュプレイヤー)の脆弱性(ぜいじゃくせい)を利用して感染するタイプのものです。

これらは、特別なソフトウェアではなく、一般に広く使われている無料のソフトウェアであるため、対策が施されていないパソコンを通じて感染が拡大しています。

また、OSや他のソフトウェアのセキュリティ上の脆弱性を利用されてウイルスに感染する可能性もあります。

ホームページ公開時に使用するFTPアカウントとFTPパスワードが盗まれる恐れがあります

お客さまのパソコンがウイルスに感染すると、お客さまが個人でホームページを公開している場合、データをサーバーに転送(FTP)して公開するために必要なアカウントとパスワードが盗まれる恐れがあります。

ホームページにウイルスを埋め込まれる恐れがあります

悪意のある第三者が、盗んだアカウントとパスワードを使用して、お客さまのホームページにウイルスを蔓延させるプログラムを埋め込む恐れがあります。

お客さまがウイルス感染の加害者になる恐れがあります

お客さまのホームページにウイルスを蔓延させるプログラムを埋め込まれた場合、お客さまのホームページを閲覧した方がウイルスに感染してしまい、お客さまがウイルス感染の加害者になる恐れがあります。

対策

Adobe Reader、Acrobat、Flash Playerを最新版に更新してください

Adobe Reader最新版についてはこちらをご覧ください。

最新版のAdobe Readerのダウンロード

Adobe Flash Player最新版についてはこちらをご覧ください。

Adobe Flash Playerのインストール

OSやソフトウェアを最新版に更新してください

上記のソフトウェア以外にも、OSやソフトウェアの欠陥や問題点(脆弱性)を利用したウイルスに感染することがあります。脆弱性が発見されたOSやソフトウェアをそのまま利用していると、ウイルスに感染する危険性が高くなるので、OSやソフトウェアは常に最新の状態に保つよう、またウイルスソフトを導入されている場合、パターンファイルを最新化するようにしてください。

ウイルス対策サービスの利用をおすすめします

ウイルス対策サービスの利用によってウイルスに感染する危険性を減らすことができます。

OCNサービスをご利用のお客さまは、「ウイルスバスタービジネスセキュリティ(月額版)」をご利用いただくことで、手間をかけずに最新のインターネット上の脅威から企業の情報資産を守ることができます。

くわしくは、ウィルスバスタービジネスセキュリティ(月額版)のページでご確認ください。

FTPパスワードを変更してください(ホームページを公開されている方)

ホームページを公開されている方は、FTPパスワードを定期的に変更するようにしてください。
また、変更の際は推測されにくいパスワードを設定してください。

ページトップへ戻る