法人向けインターネットはOCN。光(固定IP)からモバイルまでおまかせ

ご契約中のお客さま

DNSサーバー設定方法

OCNの固定IP系, 専用線接続系の各商品をご利用で、クラスC未満のIPアドレス(IP1を除く)をご利用のお客さまを想定した 以下のネットワーク環境例を前提に、DNSの設定例を紹介します。

利用事例の多いソフトウェア
確認・FAQ

Macintosh OS XでBINDをご利用になる場合、UNIXを参考にしてください。
市販のDNSサーバーソフトやオールインワンサーバーについても、BINDかBINDと同等のケースがあります。専用の設定画面を利用せずテキストベースで設定する場合は、ここで紹介するBINDの例を参考にしてください。(詳しくはベンダーへご確認ください。)

ネットワーク環境例

ドメイン名 example.com
使用IPネットワーク 192.168.69.32/28 (クラスC未満)
DNS正引きゾーン名 example.com
DNS逆引きゾーン名 32.69.168.192.in-addr.arpa (※ここが弊社仕様の部分です。関連FAQはこちら)
ルータ 192.168.69.33
プライマリDNS pdns.example.com (IPアドレス : 192.168.69.34)
セカンダリDNS sdns.ocn.ad.jp (IPアドレス : 10.20.20.2) ※弊社のセカンダリDNS
WEBサーバー www.example.com (プライマリDNSと同一ホスト)
メールサーバー mail.example.com (プライマリDNSと同一ホスト)
その他のホスト host1.example.com (IPアドレス : 192.168.69.35)

※実際の環境ではグローバルIPアドレスになります。ご利用のグローバルIPアドレスに読み変えてご活用下さい。 アドレス変換機能(NATやIPMasquerade)をご利用の環境においても、DNSのレコードはグローバルIPアドレスで設定します。

ページトップへ戻る